ビタミンc皮膚

ビタミンCは皮膚に吸収される?

レモンパックの効果は?

「ビタミンCが皮膚や肌によい影響を与える」というのは、もう誰もが知っていることでしょう。ビタミンCはコラーゲンの生成にかかわり、美白効果があり、高い抗酸化作用をもっていて、しかも殺菌作用さえ持っています。つまり、美容や美肌の味方になりこそすれ、悪影響を及ぼしたりすることが一切ないという、ビタミン界のヒーローでもあるのです。ところで、一時レモンパックなどがはやりましたね。顔に直接「ビタミンCを貼り付ける」この行為、本当に効果があるのでしょうか?結論から言えば、あまり効果があるとはいえません。その理由は、次の項で述べていきます。

ビタミンCは水溶性

これは一重に、ビタミンCは水溶性である、という理由によります。肌は、水溶性のものをはじいてしまい、吸収ができません。加えてビタミンCはそんなに頑丈なものではなく、たやすく壊れてしまいます。そのため、レモンパックなどは、リラックス効果はあるものの、「皮膚にビタミンCを取り入れる」という意味では、あまり役に立たないものである、と言えます。
ではどうするか。そこで出てくるのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、この壊れやすく水溶性であり、皮膚に吸収されづらいビタミンCと違い、体内で酵素反応を起こされることで、ビタミンCに変換されます。皮膚から吸収されないビタミンCであるのなら、内側から取り入れよう、という考え方ですね。