化粧水 コスメ

皮膚科で化粧水を処方してもらうメリット

皮膚科で化粧水は処方してもらえる?

「皮膚科はあくまで病院だから、化粧水は処方してもらえない」とする説と、「いや、ウチのところではちゃんと処方してくれた」という説と、両方あります。結局のところ、「病院による」ということでしょう。皮膚科で処方してもらえる化粧水の一つで、ビーソフテンローションというものがあります。これは医療用医薬品の一つですが、見た目や効果の分類から、ここでは便宜上「化粧水」としています。ニキビや肌荒れに効果的で、かつ保湿効果が長持ちするものであり、さすが医薬品、という感じです。

ビーソフテンローションを皮膚科で処方してもらうメリットと注意事項

「美容液だったらドラッグストアでも通販でも買えるのに、なんでわざわざ病院で?」と思うひともいるでしょう。安全面で不安がない、というのも大きな理由だし、ひどい肌荒れに悩んで受診した結果として処方される、というケースもあるでしょう。
しかし皮膚科でビーソフテンローションを処方してもらう一番のメリットは「価格」です。これと同じような効果のものを市販品で探そうとすれば、1万円はくだらないでしょう。ですが、皮膚科の処方箋を用いれば、500円程度で購入が可能なのです。
これほど効果的なものですから、「通販でほしい」と思うひともいるでしょう。しかしビーソフテンローションは医療用医薬品ですから、原則通販では買えません。まれに、「通販もできますよ!」と言っているサイトもいますが、違法なので絶対禁止です!